SETRE journey

宿泊予約

Cityguide

2022/03/7

【2022年版】旅行の際は訪れたい!姫路のカフェや雑貨店を地元スタッフが教えます!

世界遺産・姫路城を有する姫路。観光といえば、真っ先に姫路城を思い浮かべる方も多いのでは?実は近年、姫路ではおしゃれで写真映えするようなカフェや雑貨店が続々オープン!

そこで今回は、セトレの地元スタッフが最新の姫路のニュースポットを厳選してご紹介。店主の思いが詰まった、こだわりの商品や空間が魅力的なカフェやショップをいち早くお届けします。

「姫路城だけじゃない姫路観光」をお探しの人、必見です!

「日影 coffee&space」

姫路駅周辺でおしゃれなカフェをお探しの人におすすめしたいのが「日影coffee&space」。店名通り、コーヒーを中心に楽しめるカフェです。

日影coffee&spaceは、2021年7月22日にオープンしたばかり。「洗練された空間で、落ち着いてコーヒーを味わいたい!」人にはとっても魅力的なカフェですよ。

無機質な店内で味わうハンドドリップコーヒー

海外のアパートメントを思わせる建物の1階にある日影coffee&space。店内はコンクリート打ちっぱなしの無機質でかっこいい空間!

そこで味わえるのがこだわりのコーヒーです。注文を受けてから豆が挽かれ、1杯ずつハンドドリップで丁寧に入れられたコーヒーは至福の香り。

豆にもこだわりがあり朝煎り、中煎り、深煎りと3種類の中から好みの豆を選ぶことができますよ。また、その時々で最も美味しい豆をチョイスしているので、行くたびに異なるテイストの豆と出合えるのもちょっとしたお楽しみです。

コーヒーだけじゃない!一歩上のライフスタイルを提案するショップ

日影coffee&spaceのお楽しみはコーヒーだけではありませんよ!無機質さがおしゃれでかっこいい空間とご紹介しましたが、そこでいいアクセントとなっているのが店内にディスプレイされているドライフラワー。

実はこのドライフラワー、店内で製作されたもの。「はる遠からじ」という日影coffee&spaceのオリジナルのドライフラワーブランドなのです。

そもそもこの日影coffee&spaceは、姫路市内のヘアサロン「雨と」のオーナーがオープンしたお店。そのため、厳選されたヘアケアグッズやコスメもカフェ内で販売されています。セレクトされたアイテムや空間の随所に美的センスを感じるハイセンスなカフェ。

美味しいコーヒーと共に、インテリアを彩るアイテムに出合うならぜひこちらがおすすめです。

住  所:兵庫県姫路市福中町71
営業時間:日曜日~木曜日 12:00~17:00
金・土曜日   12:00~20:00
定休日 :月曜日
アクセス:JR・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩約10分
公式サイト:https://www.instagram.com/hikage._._._/

壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェ

続いてもコーヒー好きにはたまらないカフェをご紹介。2021年11月にオープンした「壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェ」はその名の通り、瀬戸内海を眼前に臨む海辺のカフェです。

「晴れた日には外でコーヒーを飲みたい!」、「姫路の新たなSNS映えスポットを知りたい!」という人はこちらがおすすめです。

40年以上の歴史ある自家焙煎コーヒーショップ

壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェは、赤穂市にあるカフェ。姫路から車で約45分、播州地方を車でドライブする際にはぜひ立ち寄りたいスポットの一つです。

壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェで一押しなのが、自家焙煎のコーヒー。上質な生豆を店内で直火焙煎。「納得できる豆しか買い付けない」というこだわりのコーヒー、ぜひ一度味わってみたいと思いませんか?

そして、この壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェで楽しめるのはコーヒーだけではありません。ふわふわの食感が自慢の「パンケーキ」もぜひ一緒に味わいたいところ。「冷めても美味しい」と早くも評判を呼んでいます。思わずときめく華やかなビジュアルで、SNS映えも抜群です!

「まるで海外リゾート!」な空間が赤穂に。

壱枚乃絵(いちまいのえ) 海辺のテラスカフェは、40年以上の歴史あるカフェらしくこだわりのメニューが勢ぞろいしています。それに加えて、一押ししたいポイントはそのロケーション。

何といってもおすすめはテラス席。テラス席からは、もう目の前が海!ウッドデッキにパラソルにソファーと「本当に日本なの?」とおもわず思うほどの抜群の雰囲気。まるで海外リゾートに来たかのような、リラックスした時間を過ごすにはベストなカフェです。

晴れた日に、青い海と空に囲まれいただくコーヒーは格別!サンセットの時間帯もおすすめですよ。

姫路近郊の新たなSNS映えスポットとして、絶対押さえておきたいカフェです。

住  所:兵庫県赤穂市尾崎字丸山2300-3
電話番号:0791-56-6028
営業時間:9:00~17:00
定休日 :水曜日
アクセス:【車】JR・山陽電鉄「姫路駅」から国道2号線経由で約45分
公式サイト:http://www.fiac.co.jp/seaichimai/index.html

「tamaki niime shima(タマキニイメシマ)」

最後にご紹介したいのは、2022年2月23日にオープンしたばかりの「tamaki niime shima(タマキニイメシマ)」。

tamaki niime shimaは、姫路から約50分ほどの西脇市にある播州地方発のテキスタイルブランドのショップ。国道175号線沿いにある、白を基調としたおしゃれな店舗が目を惹きます。

「その土地ならではのモノづくりに興味がある」、「作り手の思いが込められた雑貨が好き」という人にはたまらないお店ですよ。

播州発の人気ブランドの3店舗目がオープン!

tamaki niime shimaは、播州織のブランドtamaki niimeの国内3店舗目のショップ。ちなみに本店は同じ西脇市内にあり、今回オープンしたtamaki niime shimaから車で5分程の距離にあります。そして、東京都町田市にも店舗があります。

tamaki niime shimaで購入できるのは、ショールやトップス、ワンピースなどアパレル全般。何と播州織を活用したシューズもありますよ。

そしてまず押さえておきたい基礎知識として、播州織とはこの地方に古くからある地場産業の一つです。織り上げる前に糸を先に染める「先染め」が特徴。糸の1本1本が染まっているため、細かな色の表現が可能で色落ちしにくい織物といわれています。

そんな古くから播州地方にある地場産業に、現代的でおしゃれな視点を加えたのがtamaki niime。パッと目を引く色の組み合わせや独特のデザインは、まさにここでしか買えないものばかり。

「衣食住」を彩る上質なアイテムが勢ぞろい

先ほどご紹介したようにtamaki niime shimaで購入できるのは、播州織のアパレルアイテムに加え、生活雑貨や食べ物までと実はバラエティ豊か。

「肌に合う、体がよろこぶ、心がうれしくなる」tamaki niimeのコンセプトに合ったモノが厳選されています。

オンラインショップもありますが、姫路方面に行く際は少し足を伸ばしていく価値はあり!なぜならtamaki niimeの播州織は、触れたときの柔らかさや風合いにこだわりぬいているから。ふんわりとした着心地の良さは、ぜひ手に取って実感したいところ。

作り手の気持ちが伝わる雑貨に出合うなら、ぜひこちらがおすすめです。

住  所:兵庫県西脇市嶋447-1
電話番号:0795-27-8227
営業時間:10:00~16:00
定休日 :月、火曜日
アクセス:【車】中国自動車道「滝野社IC」から西脇方面へ約15分。国道175号線「嶋」交差点すぐ
公式サイト:https://www.niime.jp/

セトレ ハイランドヴィラ姫路
SETRE Highlandvilla HIMEJI
住所:兵庫県姫路市 広嶺山224-26
TEL:079-284-3010
営業時間:
【 ホ テ ル 】火・水曜日定休(祝日・夏季・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00~19:00/日祝10:00~20:00/火・水曜日定休
http://www.hotelsetre.com/himeji
share
twitter facebook line